このホームページは、はじめて「簿記」を学ぶ人が、高い教材費を支払うことなく、簿記3級の合格ができるよう応援するホームページです。

貸借対照表と損益計算書

 ・貸借対照表で「財産」がわかる

 

決算整理後残高試算表の中から「貸借対照表」を取りだし、作成すれば、つぎのようになります。 貸借対照表は、会社の財産をあらわす決算書です。つまり、会社がどのような財産をいくらもっているのか、を明らかにするものです。

〇△株式会社 貸借対照表

〇年3月31日

資産

 金額 負債及び純資産 金額
 現金            900,000 買掛金 400,000
        売掛金                500,000 借入金 350,000
受取手形        100,000 資本金 1,000,000
商品       250,500 当期純利益 500
    1,750,500 1,750,500

 

 ※ 「決算整理後残高試算表」において、「繰越商品」となっていた勘定科目は、貸借対照表に  おいては、「商品」という勘定科目であらわします。

 

・損益計算書で「経営成績」がわかる

 

決算整理後残高試算表の中から損益計算書を取り出し、整理すればつぎのとおりになります。損益計算書は、会社の経営成績をあらわす決算書です。どのくらいの売り上げがあったのか。利益はいくらか、などを知ることができます。

 

 

〇△株式会社 損益計算書

〇年4月1日~〇年3月31日

費用 金額 収益 金額
仕入 85,000 売上 100,000
給料 10,000 受取利息 500
支払家賃 2,000    
広告料 3,000    
当期純利益 500    
100,500 100,500

 

 

※損益計算書と貸借対照表の「当期純利益」の金額は必ず一致します。